ワード、エクセルの基礎を始め、パソコン購入の技やトラブル解決などを、パソコン教室に通わなくても無料で学ぶことのできるブログです。ワードやエクセルの裏技など、目からウロコの情報をパソコン教室の現場から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「ん」の入力は”N”と”NN”の使い分け

MS-IMEの場合で説明します。
「ん」を入力するときは、「ん」の次に入力する文字によって”N”ひとつでいい場合と、”NN”と入力する場合があります。
「簡単(KANTAN」)のように”N”ひとつで良い場合が多いのですが、”NN”と2つ入力する場合があります。

「ん」を”NN”と入力する4つのパターン。
その1:「ん」の次に「母音(あいうえお)」がくる場合。たとえば、「単位(TANNI)」”N”ひとつでは「たに」になってしまいます。
その2:「ん」の次に「N」がくる場合。(な、に、ぬ、ね、の)と(にゃ、にゅ、にょ)たとえば「コンニャク(KONNNYAKU)」”N”ひとつでは「こんやく」になってしまいます。
その3:「ん」の次に「Y」がくる場合。たとえば「金融(KINNYUU)」”N”ひとつでは「きにゅう」になってしまいます。
その4:「ん」の次に数字や記号を入力する場合。”N”ひとつでは、「n」が「ん」になりません。

しかし、この問題は奥が深く、まだ続きます。
たとえば「女」と入力する場合、上の例では、”その1”に該当します。したがって「ONNNA」と入力するわけですが、あえて「ん」を”N”ひとつで入力してみると「おんあ」となります。これを変換すると、「女」になります。
しかし、「たんい」の「ん」を”N”ひとつで入力して「たに」となり、これを変換しても「単位」にはなりません。
これは、「おんな」という単語は存在するが、「おんあ」という単語は存在しない(登録されていない)から、「女」と変換されるのです。「金曜日」”N”ひとつだと「きにょうび」これを変換すると「金曜日」となります。
ここまで先読みして「ん」を使い分けるのは大変ですが、上の4つのパターンは訓練によって使い分けられますので意識して入力してください。
スポンサーサイト

テーマ : パソコン教室
ジャンル : コンピュータ

2006-03-26 : 基礎が大事 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

はじめまして

はじめまして。 このブログ「パソコン教室無料化計画」は、パソコン教室に通わなくてもパソコン教室のいろいろな技を身に付け、仕事やプライベートで役にたつようにお手伝いすることを目的にしています。 また、パソコンや周辺機器にまつわる、消費者目線の裏知識も発信したいと思います。

ま~坊

Author:ま~坊
パソコン教室インストラクター。
事務合理化アドバイザー。
パソコン教室でマンツーマンでパソコンを教えています。今までに受講された方は250人以上です。マンツーマンで教えた累積時間は6,000時間以上で、たぶん日本一ではないかと自負しています。会社や個人経営者の事務管理費節減のお手伝いもしています。
※このブログの内容は、善意に基づいて作成されていますが、使用は自己責任でお願いいたします。

ブログ内検索

カウンタ

無料ホームページ ブログ(blog)

ネットショップ開設ならサポート充実のレン

音楽やソフトを楽天でダウンロード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

中高年のためのパソコン習得

ワードの教科書

ワードとエクセル

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

安くて高機能なウイルスセキュリティー

インターネットを安く、早く

安いプリンタインク、トナーでコストダウン

アウトレットパソコンが安い

PC情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。